> >

青汁に向かない野菜がある?!これだけは知っておきたい青汁の注意点



青汁
 
青汁を自分で作る人も多くなってきました。青汁を自分で作ることができれば、それだけ自分でしっかりとした栄養管理、補給をすることができるようになるでしょう。


スポンサードリンク


しかし、この自作で青汁を活用していこうと考えていく際には、大きな注意点があります。

 

青汁には好きな野菜を使って良い?

それは「使わないほうが良い野菜」があるということです。
一般的な知識しか持っていない人(栄養学などの知識を持っていない人)である場合、野菜の量や、栄養成分の量の把握をすることはとても難しいことになります。

使わないほうが良い野菜というのは、そのような量の調整や、栄養成分の調整が必要になる野菜ということになり、むやみやたらに使ってはいけないことになります。

 

青汁に使わないほうが良い野菜とは

青汁でつかわないほうが良い野菜として有名なのが「ほうれんそう」となります。
ほうれんそうといえば、栄養が豊富な野菜の代表格となりますが、一般的な食卓では生で食べていくことはほとんどないでしょう。大抵の場合一度、お湯で湯がいてから摂取することになると言えます。

ほうれんそうが栄養成分満点の野菜であるからという理由で、生の状態で、青汁に豊富に使ってはいけないことになります。

 

生のほうれんそうを使ってはいけないのはなぜ?

ほうれんそうの場合、生であると、シュウ酸という栄養成分によって、結石などの病気につながりやすくなってしまうと言われています。

腎臓の機能が低下している人というのは、そもそも青汁を摂取してはいけないと言えますが、ほうれんそうが豊富に使われている青汁を摂取してしまった場合、症状が大きく悪化してしまう可能性があるということになるでしょう。

そのため、ほうれんそうは生の状態で使ってしまうことは避けておいたほうが良いです。

 

アレルギーのある食材にも注意を

ほうれんそう以外であれば、基本的に青汁にしてデメリットが大きくなるということはあまりないと言えますが、アレルギーなどがある場合には、必ずしもデメリットがないとは言い切れないものになるため、十分な注意が必要になるでしょう。

自分自身で管理をすることができないと、自作での青汁の場合、誰も注意、指摘してはくれないので、体に悪影響のある青汁を摂取してしまうリスクが高くなると言えます。

 

青汁の材料に注意を払って

青汁はとても良い食品であります。それゆえに、リスクに関して妄信的になってしまったり、デメリットを受け止めることが難しくなっている食品でもあります。正確な青汁の状態、特徴を知り、より良く、青汁を活用できるようにしていくことをおすすめします。
健康的な体を作るためには必須なことです。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「yos」が書きました。

Comments are closed.