> >

現在の食生活の中で青汁が飲まれ続ける理由~青汁の歴史を紐解く



野菜
 
飽食の時代と言われて久しく、世界の美味が簡単に入手できる現代。
そのような社会で、なぜあまり美味とは言えない青汁がこれほど多くの人に飲まれているのでしょうか。


スポンサードリンク


青汁の歴史を振り返りながら考えてみましょう。

 

古代~現代の青汁

青汁の始まり

青汁の歴史は古く、日本最古の医学書である「医心方」にも青汁(野菜の搾り汁)についての記載があるそうです。昔は民間療法的な薬としての扱いがされており、あの青汁独特の濃い緑色には豊富な栄養素が含まれていると昔から注目されていたようです。
食品に含まれる栄養素についての詳しい知識がない時代でも、経験から青汁(野菜の搾り汁)は体に良いとわかっていたのですね。

 

現代の青汁の誕生

現代の青汁が生まれたのは戦中・戦後で栄養失調に備えて作られました。第二次世界大戦ごろ、日本は食糧難の時代を迎えます。日々の食べ物にも困窮し栄養状態は極めて悪い状態でした。岡山県倉敷市の遠藤博士が飢えをしのぐためにそれまで捨てられていた大根や人参の葉を食べるようになったところ、非常に調子が良くなったことから、研究を進め非常に栄養価が高いケールの青汁を発明し病院食に加えたことから徐々に広まっていった、と言われています。
この遠藤博士の発明したケールの青汁が、今私たちが「青汁」として思い浮かべる健康食品としての青汁一号です。

ただ、ケールのまずさが災いして、健康に対する意識が高い人や九州の一部地方にしか広まりませんでした。
それが「まず~い、もう一杯!」というCMとバラエティ番組で罰ゲームに使われるようになってから、まずいけど体によい飲み物として一気に知名度が高まりました。
さらに技術の向上と各メーカーの努力により味のまずさも改善され、今では幅広い地域・年代の人の間に広まっています。

 

現在の青汁

食料が豊富にない時代に栄養不足を補う目的で造られた青汁ですが、現在では別の意味で不足しがちな野菜の栄養を補うために飲まれ続けています。
今は食料も豊富にあり、どちらかというと栄養過多な時代ですが、美味で高カロリーな食事が増え、更に外食産業やファーストフードの発達により栄養が偏りがちになり、食料は豊富であるにも関わらず野菜不足な食生活に陥っています。

そんな現代人にとって、必要な栄養を手軽に摂取できる青汁は大変便利な飲み物です。
また、最近は野菜の補給が困難な災害時の備蓄品としても注目されています。
青汁は時代や食糧事情が変わっても体に良い飲み物として、人々に必要とされ続けている飲み物なのです。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.