> >

青汁優等生~青汁初心者にも大麦若葉をおすすめできる4つの理由



サラダ
 
ケールについで青汁の原料として有名になった大麦若葉。
大麦若葉の青汁はインターネットや通販だけではなく、ドラッグストア・スーパー、はては100円ショップでまで数多く見られます。


スポンサードリンク


大麦若葉はイネ科の大麦の若葉です。大麦は栽培の途中で新芽を何度も踏みつけることで、枝わけを起こして増える非常に生命力の強い植物です。大麦若葉は大麦が20から30cmの頃に摘みます。

 

1. 栄養豊富でバランスにすぐれる

食物繊維や各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキンやクロロフィル、SOD酵素など、含有量こそケール程ではありませんが多様な栄養素を豊富に含んでいます。
これらの成分の中で特に注目すべきはSOD酵素です。体の中で過剰に発生した活性酸素を無害化するといった抗酸化作用の働きがあり、細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果や、メラニン色素の増殖の抑制、過酸化脂質の生成の抑制による、しみ・しわ・くすみ・タルミなどと言った肌トラブルの予防・改善に効果が期待されています。

大麦若葉はケールと比較しても栄養価に優れている点が多いようです。

ビタミンB群のうちのいくつかと、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどは明らかにケールの方が上回っていますが、大麦若葉にも”王様”に勝るとも劣らない、むしろ上回っている成分が少なくないのに驚かされます。
特に目につくのが総カロテン、ビタミンK、鉄分、総クロロフィル(葉緑素)、ルテイン、SODの値です。

引用元:青汁の原料「大麦若葉」の効果・効能 – 青汁部
 

2. お手頃価格

大麦若葉を主原料とした青汁は無数にあり、価格もそれぞれ異なります。もちろん平均より高い大麦若葉青汁もありますが、安めのラインの青汁はたいてい大麦若葉の青汁です。
青汁の中では比較的お求めやすい価格設定と言えるでしょう。

 

3. アレルギーの心配がほとんどない

「大麦」の文字を見ると、「麦」アレルギーの人は飲めないのではないかと心配になる人もいるかもしれせん。しかし、大麦若葉は大麦が20から30cmの頃に摘んだ若葉で小麦のアレルギーの原因である「グルテン」は含まれていません。小麦や大麦にアレルギーのある人が大麦若葉を原料とした青汁を摂取してもアレルギーの心配はないと思われます。

 

4. 青汁界トップの飲みやすさ

大麦若葉の魅力はなんといってもその美味しさでしょう。他の材料を使用した青汁では、味はがんばっても飲みやすいレベルですが、大麦若葉青汁はストレートに飲んで美味しいと思える青汁です。
味にくせがないのでそのままシェーカーで振ってもクリーミーな味わいを楽しめ、トッピングをしてもまずさをごまかすのではなく、美味しさ+の感覚で何にでも合います。
「青汁=まずい」のイメージは青汁の普及にしたがい薄れてきていますが、それに一番貢献しているのが大麦若葉ではないでしょうか。

 
栄養バランス、美味しさ、リーズナブルな価格と揃った美点が魅力の大麦若葉は特に初心者におすすめの青汁です。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.