> >

ケールから作られているあの青汁はマズい!という方でも、大麦若葉や明日葉なら大丈夫



青汁

 

青汁とは、生の緑葉野菜を絞った汁のことですが、健康食品として人気の青汁は、ケール・大麦若葉・明日葉などの野菜が主な原材料になっています。

 
それぞれの原材料の特徴は次の通りです。

スポンサードリンク


 

 

ケール

ケールは地中海沿岸が原産のキャベツの原種に近いアブラナ科の野菜で、青汁の主原料としてとても人気があります。ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含みます。

 
その他の成分では、眼病の予防効果があるルテインという色素を多く含んでいます。

 
ただし、ケールは日本のスーパーなどでみかけることはありません。欧米では野菜として料理に利用されていますが、ケールには独特の強い香りや癖のある苦味があり、日本人にあわないため、料理で使われることがないからです。

 
ですから、ケールの青汁は飲みやすいとは言えません。青汁とはこういう苦いものだと分かっているひとにはいいのですが、はじめて青汁に挑戦しようかというひとは、次にご紹介する大麦若葉などの比較的飲みやすい青汁がおすすめです。

 

 

大麦若葉

大麦若葉は、イネ科の大麦がまだ若いうちにその葉を刈り取ったものです。大麦若葉の青汁の最大の特徴はその飲みやすさだと思います。苦味や青臭さが少なく、抹茶のようなほんのりした味でとても飲みやすいようです。

 
栄養面では、食物繊維やビタミンB群の葉酸やカリウムなどを多く含んでいます。ケールよりも多いので、これらの栄養素を多く必要とされている方は大麦若葉の青汁をおすすめします。

 
その他の成分では、強力な抗酸化作用をもつSOD酵素という酵素を多く含んでいるのが大麦若葉の特徴です。。

 
はじめて青汁に挑戦される方は、苦味のあるケールの青汁でなく、飲みやすいと思われる大麦若葉の青汁をおすすめします。

 

 

明日葉

明日葉は、主に太平洋岸に自生する日本原産のセリ科の植物です。名前は「今日その葉を摘んでも、明日には新しい葉が出てくる」というたくましい生命力からきています。

 
ケールや大麦若葉と同じように、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含みます。

 
その他の成分では、明日葉特有の成分であるカルコンという黄色の色素を多く含んでいます。カルコンという成分は近年の研究で抗がん作用や血圧を下げる作用やセルライトの排出を促進する作用などがあることで注目されている成分です。

 
明日葉の青汁も、大麦若葉と同じように飲みやすいようですので、はじめて青汁を飲まれる方におすすめです。

 
ケール、大麦若葉、明日葉の青汁の違いが分かった上で自分にあう青汁を選んでみてください。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.