> >

ケール・大麦若葉・明日葉。材料別の青汁が持つ効能。どうしてみんな青汁を飲むの?



青汁

 

基本的に青汁と言われている健康食品には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。従って、青汁の効能も基本的には同じような効能を持っています。

 
しかし細かくみていくと、主要な原材料によって少しずつ異なってきますので、ケールの青汁、大麦若葉の青汁、明日葉の青汁に分けて説明します。

 
ブレンドされたものについては、それぞれの効能を参考にしてください。

スポンサードリンク


 

 

ケールの青汁の効能

アブラナ科のケールには、ビタミンでは特に、β-カロテン(体内でビタミンAになる)、ビタミンC、ビタミンEなどが多く含まれています。
ミネラルでは、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどが多く含まれています。

 
ビタミンやミネラル以外では、たんぱく質、食物繊維を多く含んでいます。
あと注目したいのは、ルテインという色素を多く含んでいることです。ルテインには、眼病を予防する効果があります。

 
妊婦に一番必要といわれているビタミンB群の葉酸も多く含んでいます。緑茶や抹茶を添加していない青汁はノンカフェインですので、そういう青汁を妊婦の方には積極的に飲んでいただきたいと思います。

 

 

大麦若葉の青汁の効能

大麦若葉は、大麦がその穂をつける前の新鮮な若葉を収穫したものです。
ビタミン類では、ビタミンB1、ビタミンCなどを多く含みます。体内でビタミンAに変わる色素のβ-カロテンも多く含んでいます。
ミネラルでは、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどを多く含んでいます。

 
ビタミンやミネラル以外で注目して欲しい成分は、葉緑素(クロロフィル)です。葉緑素は、植物に含まれる緑色の色素です。また、GIV(グルコシルイソビテキシン)という色素も含まれています。

 
大麦若葉の青汁には、たくさんの種類の酵素が含まれていますが、特にSOD酵素(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)が多く含まれています。SOD酵素は余分な活性酸素を無毒化する働きがあります。

 
大麦若葉の青汁の効能としては、成長促進作用や発ガン性物質を抑制する働きやコレステロール値を下げ血液をさらさらにする効果などがあります。

 
さらに、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性皮膚炎を抑制する効果があります。

 

 

明日葉の青汁の効能

明日葉は、セリ科の植物で生命力の強い植物として知られています。
ビタミン類では、ビタミンB1とビタミンB2などを多く含んでいます。さらに、β-カロテンも多く含んでいますし、妊婦に必須のビタミンである葉酸も多く含んでいます。
ミネラルでは、ナトリウムやカリウムなどを多く含んでいます。

 
食物繊維はケールよりも多く含んでいます。
さらに注目したいのが、カルコンという色素を多く含んでいることです。カルコンには、
抗バクテリア性、抗菌性、抗腫瘍性、抗炎症性があるといわれています。また、セルライトをなくすダイエット効果や老化防止効果もあるといわれています。

 
明日葉の青汁のその他の効能としては、利尿効果や便秘予防などの効果もあります。
それぞれの青汁の効能を知って、上手に食生活に取り入れてください。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.