> >

青汁の種類と効果



青汁はいろいろな野菜で作られています。そんな青汁の種類と効果について見ていきましょう。

青汁


明日葉について

セリ科シシウド属の植物で房総半島から紀伊半島と伊豆諸島に自生しています。別名を八丈草、明日草と言います。夕べに葉を摘んでも明日には芽が出るとされているほど強い植物です。ミネラル、ビタミンが豊富で抗菌作用をもちます。


スポンサードリンク


伊豆諸島ではケーキ、蕎麦、焼酎、茶、こんにゃく、アイスクリーム、ドリンクなどが販売されています。がん予防、アルツハイマー予防、しみや、そばかす、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、呼吸器系統を守る働きがあると言われています。栄養素としては各種ビタミン、カロテン、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄などがあります。


大麦若葉について

大麦の若い葉の部分のことです。日本でもその歴史は古く奈良時代には栽培が行われていました。大麦若葉は、まだ実をつける前の約20センチほどの青々とした大麦の葉の部分のことです。食物繊維、ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキン、クロロフィル、SOD酵素などがはいっているので豊富な栄養がとれると言えます。

ケールについて

アブラナ科の野菜。和名はリョクヨウカンラン、ハゴロモカンランと言います。地中海沿岸が原産でキャベツの原種に近く、温暖な気候なら一年中栽培可能で収穫量も多いです。緑内障の予防の効果が指摘されています。


その他、青汁に使われている野菜

このほかにも青汁として使われている野菜はたくさんあります。大根の葉、カリフラワー、ブロッコリーの外葉、小松菜、水菜などでつくられているものもあります。

青汁はなんとなくいいとわかっていても実際にどこにいいのだろうと思っている人もたくさんいます。これだけ愛好家が増えても野菜不足の代わりに青汁を飲んでいるという人も大勢います。最近注目されているのが青汁のダイエット効果です。食物繊維によって腸がきれいになり腹持ちがよくなるということも言われています。肌あれにも効果を発揮します。朝からすっきりしたい人には青汁が向いていると言えるでしょう。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 青汁

Comments are closed.