> >

手作りお菓子にも青汁を。子供と一緒にお菓子で食べるちょっと贅沢なお野菜成分



青汁

 

ほんの少し手の込んだ青汁レシピをご紹介いたします!

スポンサードリンク


 

 

青汁パンケーキ

ホットケーキミックスでも良いのですが、薄力粉や砂糖、卵を使ってパンケーキを作る方法でもどちらでも活用できます。
どちらもフライパンで焼きますが、その焼く前の材料を全て混ぜ合わせるときに青汁を一緒に入れるだけです。
これで、あとはフライパンでこのタネをしっかりとふっくらと焼いてください。
これだけで、キレイな緑色のまるで抹茶が入ったような、ちょっとリッチなパンケーキが出来上がります。
不思議なことにこれは、食べてみたらお分かりいただけると思いますが、全然青汁のお味がしないで、抹茶のようなお味がするのが特徴。
見た目も、お味も抹茶のようなパンケーキってちょっと贅沢だと思いませんか?
それに、青汁の豊富な栄養素もこれでいて一緒に手軽に摂取できてしまうのですから。
おやつの時間などにおやつ代わりとして作って食べるのもおすすめですね。
また、このときに更にワンポイント付け加えますと、はちみつをかけて食べるとより一層良い栄養をカラダに取り入れることができて良いですし、焼くときも普通のオイルではなくオリーブオイルを使用するとなお健康的なパンケーキに仕上がりますよ。

 

 

青汁パウンドケーキ(クッキー)

もちろん、青汁はまだまだいろんな焼き菓子系にも使用可能です。
オーブンレンジを使用して作る、パウンドケーキやクッキーにも青汁って実はおすすめなんですよ。
こちらも、作り方はとっても簡単です!
ただ、いつもの自分が作る方法でパウンドケーキやクッキーを作る時に、青汁を一緒に入れてあげるだけ。
これだけで、しっかりといつものお菓子に青汁の成分を含めることが出来ます。
こちらも、青汁のきれいな緑色が、よりいっそう高級感のあるお菓子を演出してくれますので、おすすめです。
小さいお子さんとかも、青汁をお水で割って飲むのが苦手ならこのような方法でカラダに摂取させてあげるのもいいのではないでしょうか。

 

 

お菓子にも青汁は大活躍

ここで双方に当てはまる注意点をあげさせていただきますと、どちらも青汁をお水で割らずに粉末のまま、入れて混ぜ合わせるのがコツです。
お水で割ってしまうと、パンケーキやパウンドケーキ(クッキー)がどろどろになってしまう可能性もあるためです。
うまく分量調整ができる方はお水で割って入れて作成してみても良いかと思いますが、手軽に済ませたい場合はまずは、粉末のまま入れて作成するのが
成功への近道だと思いますよ。
半信半疑でも作成して食べてみると意外とマッチするおいしさに驚かれると思います。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「アルコ」が書きました。

Comments are closed.