> >

ダイエッターの定番おやつ寒天プリンにも青汁を!罪悪感なく食べられるダイエットおやつ



青汁

 

青汁レシピは、調理しなければならないという点で多少手は込んでいるのですが、自分が思いついたものに入れてみて、オリジナルの青汁レシピを研究してみるのもまた、青汁を日々楽しく摂取するコツともいえます!

スポンサードリンク


 

 

青汁で作るダイエットメニュー

より一層ダイエットを意識するときに、作るとダイエットメニューとしても活用できると思います。

 

青汁プリン

寒天と豆乳でプリンを作るときに青汁を入れてみましょう。
よく、寒天と豆乳でプリンを作るというレシピはダイエッターのあなた自身もよく見かけると思いますが、それに青汁の粉末を一緒にいれて作ってしまうのです。
このことにより、更にヘルシー感が増し、ダイエット中であるにもかかわらずしっかりと栄養を摂取できます。
このヘルシーなおやつは、本当におすすめですよ!
甘さがちょっと足りなくて嫌だな、と思う方ははちみつなどカラダに優しいものでぜひ甘さ調節をしてみてくださいね。
おやつとして摂取するときにダイエットのよくある食べ物罪悪感も感じにくいかと思います。

 

 

寒天には食物繊維がたっぷり

何より寒天は食物繊維を豊富に含んでいる食べ物ですので、便秘解消にはよりうってつけですし。
ダイエットを意識していなくても、便秘に悩んでいる方にもおすすめですよ。
ただ、ここまで青汁のレシピを紹介してきていうのも何ですが、青汁って普通に水でシェイクして作って、そのまま「素」の味を楽しんでも全然おいしい飲み物なんです。
ただ、ちょっと個人差があって好みが人それぞれなだけ。
そう考えると、青汁レシピで摂取するのもいいのですが、基本はシンプルな青汁でそのまま飲み続けても、問題はないんですよね。
最終的には、日々青汁を摂取するということが目的であり、何も無理にレシピであれもこれも実践して青汁が結局はめんどくさい、ということになって摂取することをやめなければいいわけなんです。
なので、あまり力まずに、マイペースに取り入れましょうね。


おすすめの青汁

「美容のチカラ」でおすすめの青汁は3つあります。 大麦若葉を主原料とした熊本県阿蘇産のえがおの青汁、かなり飲みやすく「ゴーヤ」「ケール」「大麦若葉」の3種類を主原料とした青汁三昧、そして私の旦那さん、子供にも飲んでもらっておいしいと高評価だった極の青汁がおすすめです。実際に試した感想を写真付きで公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「アルコ」が書きました。

Comments are closed.