> >

便秘による肌荒れは、大腸の運動力が落ちているサイン。暴飲暴食が続いていませんか?



便秘解消

 

 
肌荒れや吹き出物に悩んだりしていませんか?
実はその肌荒れ内臓、特に腸で起こっている便秘から来ているのかも。

スポンサードリンク


 

 

肌荒れは、腸の状態が良くない証拠

便は体の老廃物や毒を多く絡め取って体外へ排出するという役割があるのですが、それらが腸内にとどまったままだと、便が腐敗していき、最終的には悪玉菌が増殖して腸内で生成された有害物質が血液を伝って肝臓などを傷めてしまい、お肌にも影響が出でくるのです。
こういったメカニズムから肌荒れを改善する市販薬を見てみると、Lシステインなど便通を良くしたり肝臓の代謝をサポートする物質がなぜ入っているのかが分かるかと思います。

 

 

機能性便秘は腸の運動能力を下げないことが便秘解消に

便秘の種類は大きく機能性便秘と器質性便秘に分かれており、機能性便秘は生活習慣などの環境によるもの、器質性便秘は腸閉塞(イレウス)や大腸がんなど腸管そのものに問題のある便秘で、一般的には前者の機能性便秘が多いのです。
この機能性便秘を防ぐには大腸の運動を低下させないことが大切です。

 

大腸の運動力低下の原因は水分不足

大腸の機能の低下の原因の一つはストレスによる偏食、特に水分不足が原因となることがあります。
人間の体の70%は水で出来ていますからまずは朝起きたらコップに一杯の水を飲んでみましょう。
特に水分補給は便通だけでなく、お肌の乾燥を防ぐためにも大切です。
また、食生活なども胃腸に負担をかけないことが大切で、二日酔い後の朝食はシリアルやヨーグルト、あるいは果物など軽めのものにすると良いでしょう。

 

 

便秘薬を用いるときには薬剤師に相談を!

次に便秘になってしまったら、まずは薬局に行って薬剤師さんと相談して症状に合った便秘薬を探し、服用しましょう。
また、食生活も食物繊維の多い豆類や海藻類を積極的に摂るように心がけます。

 

便秘外来は、気軽に行けるように工夫されています

これらの改善策をはかっても便秘が解消しない場合や激しい腹痛を伴う場合は便秘外来か消化器科、あるいは婦人科を受診されることをお勧めします。
便秘外来は女性にも安心していけるようになっていますし、女性ならば婦人科でもよいでしょう。

 
女性の便秘はホルモンの関係や男性と比較したときの身体構造を考えると非常に多いのですが、それに伴う肌荒れは精神面にも良くないと思います。
特に最近では根本的解決にはならない高額な美容液などが通販などで多く流布されていますので、肌荒れ気味の方には便秘の症状も意識していただきたいなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「さっしー」が書きました。

Comments are closed.