> >

下まぶたにアイシャドウを施す「下まぶたメイク」すっぴん風ナチュラルメイクも簡単に



メイクテクニック

アイメークといえば、上まぶたにシャドウをのせるイメージが強いかもしれませんが、今注目されているのは、断然「下まぶたメーク」なんです。
今までサブ的な位置づけだった下まぶたを主役にすることで、いつもと一味違ったメークが楽しめます。

スポンサードリンク


 

 

下まぶたメイクの良いところ

下まぶたメークのいいところは、まずはなんといっても簡単で時間がかからないこと。
上まぶたよりも範囲が狭いので、メークプロセスも少ないんです。

 
次に、今っぽい「抜け感」が出ること。
「すっぴん風」のメークが流行るなど、今のメークトレンドは、肩の力が抜けたナチュラルなものです。
きちんとグラデーションを作ったしっかりアイメークはちょっと古臭い印象にもなりがちですが、下まぶたにポイントを効かせたメークなら、その心配もありません。

 

 

下まぶたメイクのやり方

いいことづくしの下まぶたメーク、まずは基本のプロセスをご紹介します。
ここでは、ベージュブラウンのアイシャドウパレットを使ってみたいと思います。

 
まず、パレットの中の、一番明るいパールシャドウを細いチップに取り、下まぶたの黒目の下の部分をなぞるように細くのせます。
パレットによって入っている色は異なると思いますが、ハイライト用のパールやラメの入ったシャドウのことです。
できれば、ピンクホワイトやイエローホワイトなどが、肌なじみがよくておすすめです。目の際にパールシャドウを入れることで、涙袋をふっくら見せる効果があります。
涙袋とは、にこっと笑った時に盛り上がる部分で、ここがふっくらしていると愛らしく見えます。

 
次に、パレットの中のベースカラー(ナチュラルなベージュなど、普段目元全体に入れる色です)をブラシに取り、涙袋の下をなぞるようにさっとのせ、自然な影を作ります。
これでさらに涙袋が強調されます。
もともと涙袋がはっきりしている人はこのプロセスを省いてもOKですが、あまり涙袋のない人はこのひと手間をプラスすることをおすすめします。
これで基本の下まぶたメークは完成です。

 

 

上まぶたはどうすれば良い?

この時、上まぶたはあまり色を使わないのがポイント。
ナチュラルなベージュシャドウとアイライン、マスカラ程度で仕上げるとバランスがいいです。
これが基本ですが、仕上がりはすごーくナチュラルです。
メーク感があまりなく、でも愛らしく見えるので、デートやオフィスにも使えます。
ただ、女友達と遊ぶときやパーティの時など、もっと「メーク感」があるメークを楽しみたいときは、下まぶたに色を入れてみましょう。
入れる場所は、黒目の下~目尻のあたりです。

 

色のあるアイシャドウを下まぶたに入れるときのコツ

色は、透明感のあるパステルカラーで、マットなものは白浮きしてしまうので、パール入りのものがいいです。
シャドウを細いチップでのせるか、カラーアイライナーを使うのも便利です。
アイライナーを使う場合は、必ずブラシで少しぼかしてください。
特におすすめの色は、ミントグリーンやゴールドイエローなどの春色。
ラベンダーやスカイブルーなどの寒色系も大人っぽくて素敵です。
この時の共通ルールは、下まぶたの目の際にブラウンのペンシルライナーでインサイドライン(粘膜のあたりに描くライン)を入れること。
色が明るく膨張しやすいので、ラインで目元を引き締めます。

 
上まぶたは、基本バージョン同様、ベージュなどカラーレスで仕上げましょう。
アイラインとマスカラで陰影をつければ十分です。
いかがでしたか?簡単で新鮮な下まぶたメーク、おすすめです!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.