> >

光を駆使して爽やかに!好感度アップの朝のテレビキャスター風メーク



敏感肌
 
朝のお天気テレビキャスターって、笑顔とピュアな印象が好感度大、ですよね? ただ、ナチュラルなのに視線がいく不思議な強さもあって。このメーク技をあなたも取り入れてみませんか?


スポンサードリンク



 
その秘訣は<光>を駆使するメークアップにあります! さわやかな印象を大切にするために、極力ダークな陰影をなくすのが、お天気キャスター風メークの特徴。ただ、影を全部なくしちゃうとのっぺりとした感じになるので、そのバランスづくりにちょっとしたコツがあるんです。

 

目の下のクマの隠し方

ベースメークから順を追ってご紹介しましょう。視聴者に元気を届けたいので、目の下のクマは絶対に隠さなきゃなりません。ファンデーションを顔全体に塗ったあと、目の下の三角ゾーンに地肌より明るめの色のコンシーラーをオンします。ここに塗ると暗さを隠すのにプラス、顔が中心にフォーカスして見える効果もあるんですって。ヘレナルビンスタインのマジックコンシーラーはきれいに発光するのでおススメ。次に、普通だとシェーディングを使う小鼻の脇と鼻筋のつけ根には逆の発想で、地肌と同色のコンシーラーをオン。こうすることで鼻の存在感が弱まって、目元がより引き立ちます。

 

爽やかな目元を作るメークテクニック

ここからはポイントメークです。まずはアイメーク。アイシャドウはブラウンをさーっとひと塗り。指の腹でなぞってぼかします。アイラインは二重の幅を隠さないようブラウンのペンシル使いで細く目の際にラインを。リクィッドの黒でまつげの際を埋め、目尻は気持ち、延長します。

眉はクリアな眉マスカラで眉頭だけ下からすっと持ち上げて。小技だけどキリっとしたニュアンスが生まれます。RMKのアイブロウジェルは光沢あるクリアなタイプなので、お試しを。

次にアイドルたちがよくやる目頭の<くの字>塗り。アイドルたちが白みのピンクのシャドウでたれ目&涙袋を強調してぷっくり愛され感を出すテクですが、キャスターの場合は、シアーなベージュを使って、もうちょっと大人っぽく。下まぶたの目頭側三分の二まで、ベージュのアイシャドウを幅広に塗ります。目尻は後から別色のシャドウを入れたいので、外しておいて。下の目じりにはブラウンの締め色を入れます。

 

リップはナチュラルかつふっくらと

次にリップメーク。リップライナーを下唇だけに仕込むことがポイントです。下唇の輪郭をはみ出さないようにベージュピンクのリップライナーで縁取りします。ぐるりと囲まないことで、ナチュラルなふっくら感を出します。青みのピンクのリップカラーで唇の中を埋めます。ゲランのルージュは色落ちしにくいので、おしゃべりで落ちるのが心配な人にはいいかも。柔らかい発色のグロスをオンして仕上げます。

 
陰影をつけずに光を駆使した朝のさわやかメーク。質感にピュアなものを選ぶことで、あなたの透明感ある肌が主役になります。お試しあれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.