> >

ランコムの人気マスカラ ヴィルトゥーズ ドールアイを使ってみました



基本的には、一年中まつげエクステをかかさない私ですが、花粉の飛ぶ時期、目のかゆみが気になるときには、いたしかたなく、マスカラを使います。

 
マスカラ

付け方が悪いのか、どんなに評判がいいアイテムを使っても、目の下がしっかり黒くなってしまうし、思うような長さと繊細さがでないし、と、やや不満を感じていたところに出会ったのが「ランコム」の「ヴィルトゥーズ ドールアイ」。


スポンサードリンク


自まつ毛へのなじみが良く、にじまない、それでいてしっかり長さもでるということで、間違いなく、私の中のナンバーワンマスカラだと思っています。

 

人気ブランド!ランコムのマスカララインナップをおさらい

ランコムのサイトを訪問してみると、今の商品ラインナップは、

「ヴィルトゥーズ ドールアイ」
「ヴィルトゥーズドラマ」
「イプノスターウォータープルーフ」
「アンプリシルウォータープルーフ」

の4種類のよう。
「ヴィルトゥーズ」が、お湯で簡単に落とせるタイプ、「イプノスターウォータープルーフ」「アンプリシルウォータープルーフ」が、より持続力を重視した耐水タイプのマスカラです。

にじみにくい商品を、ということで、ウォータープルーフタイプを店頭で試してみたのですが、ボリュームとカールが出過ぎてしまって、私にはあわないように感じました。

普段、つけまつげを愛用している方や、Cカール・Dカールエクステの愛用者なら、こちらがいいのかもしれません。
お値段はどれも1本3,990円と均一なので、どれを選択するかは、好みの世界になってくると思います。

 

ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイの特徴

結局、その時に購入したのが、「ランコム」の「ヴィルトゥーズ ドールアイ」。
日本人のまつげにあわせて開発された商品とあって、短いまつげもしっかりキャッチ!
長さと程よいボリュームをプラスしてくれます。

形状記憶のポリマーを配合しているため、上向きまつげが一日中続くのが最大の特徴です。

 

ヴィルトゥーズ ドールアイの使用感

つける時のポイントは、ジグザグにブラシを動かしてしまうとだまになってしまうため、まつげの根元にブラシを当てたら、すっと真上に持ち上げるようにつけること。
普通のマスカラとは、付け方が少し異なりますが、かえってメイク時間が短縮できて、便利なように感じました。

朝、マスカラをつけて、夕方まで崩れないのは、このマスカラがはじめて!
自信を持ってオススメできるアイテムなので、気になった方、早速ランコムのカウンターで使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「aoi_aoi」が書きました。

Comments are closed.