> >

生理前・生理中にムダ毛処理を避けたほうがいい理由



生理前や生理中は、ムダ毛処理を避けましょう。自己処理はもちろん、サロンでの永久脱毛も避けるようにします。その理由は、ホルモンバランスが不安定になり、お肌がとてもデリケートな時期だからです。

Depilation

では普段と比べて、生理前・生理中に感じるムダ毛処理の不快な症状を紹介します。

サロン脱毛の痛みを強く感じる

普段以上に、脱毛の痛みを強く感じます。そして沿った後は肌荒れが起きます。いつもとは違う痛みにビクっとします。


スポンサードリンク


自己処理の刺激を感じる

普段は感じないような肌の刺激を感じます。カミソリで剃った後にヒリヒリ、除毛剤や脱色剤をつけたときにチクチク…。とても不快!肌をガードする機能が落ちている証拠です。


肌荒れが起きる

剃る、脱毛器にかける、除毛剤や脱色剤をつける…このような行為で、肌荒れが起きます。かゆみが出たり、乾燥したり、炎症を起こして見た目の汚い肌になってしまいます。かゆくてついかきむしってしまい、さらに肌を傷つけてしまいまうことがたびたび…。



このような理由から、たとえムダ毛が濃くても、この時期だけはムダ毛処理を避けたほうがいいです。筆者もなるべくやらないように心がけています。もしやらなければならないときは、連続して処理しないようにしています。

ムダ毛処理をできなくて苦痛なら、エステ脱毛か医療脱毛をやりましょう。それだけで、生理前や生理中のわずらわしいムダ毛処理から解放されます。この時期だけでなく、一生ムダ毛の悩みから解放されますよ。おすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: エステ・脱毛

Comments are closed.