> >

ダイエットのための運動・筋トレは、回数ではなく時間を重視して。有酸素運動も効果的



ダイエット

 

人間は欲のある生き物なので、ダイエットが成功すると不思議と身体を引き締めたくなるのです。
勿論!メリハリボディの身体は健康の為にもお洒落の為にも必要不可欠ですよね!
でも折角、運動を取り入れるのであれば、効率の良い運動を取り入れて、脂肪を燃焼し続けて欲しいのです。
間違った運動をしてしまうと理想のボディとは程遠い、たくましいボディに変わってしまうのです。

スポンサードリンク


 

 

どんなボディラインが理想ですか?

太マッチョ的なボディが理想の筋肉ならばダイエット開始、数週間後!でもOkなのですが、細マッチョ的なボディが理想であれば、目標体脂肪率に達成してからでも十分なのです。そして女性であれば目標とするボディラインは、引き締まったウエストにキュッと上がったヒップが理想ですよね。
そんなボディを手に入れる為に、簡単な運動法と筋肉の性格をお伝えします!!

 

 

体脂肪率が30%を切ったら運動を始めよう

まず!運動を取り入れる時期ですが、目安として体脂肪率が29%台になったら運動を取り入れてみて下さい。
体脂肪が30%以上ではまだ脂肪分が多すぎなので、この時点で激しい運動を始めてしまうと、身体は大きくなる割合が高いのです。

 

 

筋肉の質にあった運動を行いましょう

そして、筋肉にはおっとりさんと、せっかちさんがいます。
ダイエットに向いているのはおっとりさんです。
なので、その性格に合わせた運動を取り入れて上げて欲しいのです。
例えば、腹筋を50回する!運動場を5周ランニングする!のという運動法では無く、 テレビのCM中に腹筋をする!赤信号にぶつかるまで歩き続ける!
といった運動法に変えて上げて下さい。

 

おっとり筋肉さんは慌てて運動をされても、その筋肉を維持する事が出来ないのです。
維持出来なかった筋肉は、数日で筋肉から脂肪へと変わってしまうのです。
そしておっとり筋肉さんの1番好きな運動は有酸素運動なのです。
有酸素運動の代表的な運動はウォーキングや水泳ですね!

 

 

筋トレにも休憩が必要です

そして運動も毎日するのでなく、休憩を入れながら2日に1回ペースにして上げて下さい。
休憩を入れて上げる事でおっとり筋肉さんは膨らんで脂肪を筋肉へと変えてくれるのです。
そして、ゆっくりした運動をする事でコア筋肉と言われる、
身体の芯の部分を鍛えていくのです。
ダイエットの成功の近道は何事も決めない!という事が1番です。
決め事をしてしまうと、そこで達成感や満足感が出て来てしまう為、ダイエットを継続する気持ちが薄れてしまうのです。
また達成出来ない時にはそれがストレスとなり、ダイエットが楽しい物ではなくなってしまうのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事は当ブログのライター「クレオパトラ」が書きました。

Comments are closed.