> >

誰にも言えないデリケートゾーンの臭い。気になる臭いの原因は雑菌。繁殖を防ぐには?



デリケートゾーン

 

彼にデートに誘われても、デリケートゾーンの臭いが気になって尻込みしてしまう。
女友達と温泉旅行に行きたいけど裸になるのが不安。もっとひどい場合には、普通に生活しているだけでも不快な臭いが漏れているのではないかと気になってしまうこともあります。原因を正しく知り、対策を考えてみましょう。

スポンサードリンク


 

 

臭いの原因は雑菌

デリケートゾーンはおりものや汗、尿や経血などによって不潔になりやすい環境。特に、生理前はおりものの量が増えるので臭いやすくなります。
おりものシートやビデなどを使って、できるだけ清潔な状態を保つ努力をしている人も多いと思いますが、構造上の関係もあって、キレイを保つのは簡単なことではありません。
デリケートゾーンに多く存在するアポクリン汗腺からは、雑菌の大好物である脂肪やアンモニアを含む汗が分泌されます。雑菌は、この汗やおりものなどから栄養をもらい、繁殖して老廃物を出します。この老廃物が悪臭を発するのです。

 

洗いすぎはNG

清潔にするのは大切ですが、汗や汚れ、雑菌を洗い流せば臭わなくなるんでしょ?とばかりに、奥の方までゴシゴシ洗ってしまうと、悪い菌を殺してくれている常在菌まで洗い流してしまうことになり、余計臭いやすい環境にしてしまいます。
お風呂で洗うときは、よく泡立てた石けんで表面をなでるようにそっと洗うだけでじゅうぶん。また、界面活性剤を使った肌への刺激の強いボディソープよりも、昔ながらの固形石けんのほうがデリケートゾーンにはおすすめです。

 

 

適度な脱毛も必要

デリケートゾーンの毛が濃いという人は、毛に汚れが付着したり、通気性を悪くしています。刺激に敏感な場所なので無理な脱毛はいけませんが、Iゾーン専用の脱毛機などを使って形を整えるだけでもかなりの効果が期待できるので、こまめにお手入れしましょう。
最近はメニューにデリケートゾーンの脱毛を入れているエステも増えてきているので、思いきってプロにお任せするのもひとつの方法です。自己処理の難しい場所なので、くれぐれも傷つけないよう気をつけてください。

 

 

通気性のよい下着を選ぶ

女性用のショーツにはいろいろな素材や形のものがありますが、通気性の面で言えばコットン素材のものがおすすめです。
肌への当たりも優しく、一日中快適に身につけることができます。また、おりものシートはできれば2,3時間ごとに、こまめに取り換えるようにしましょう。
お手入れしにくいデリケートゾーンの臭い。
恥ずかしい思いをする前に、これらのことに気をつけて少しずつ環境を変えてみてください。毎日のケアで、きっと自信の持てる日が来るはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.