> >

綺麗な手はお手入れ次第!自宅でできるスペシャルハンドケアの手順



手
 手は、体の中で最も年齢があらわれやすい部分です。どんなに顔や体を美しく磨いても、手が乾燥していたりシワが目立っていたりすると、そこに自分の年齢が出てしまうのです。


スポンサードリンク



 
 そこでお顔やボディをお手入れするのと同じように、手に関しても定期的にスペシャルケアをしてあげましょう。

 

1.まずはスクラブ洗浄

 ハンドケアは、スクラブ洗浄から始めましょう。
 化粧水や乳液を使用する前に古い角質を除去することで、より効果的に保湿をすることができます。

 現在は様々なメーカーからスクラブ入りの製品が販売されていますが、これからの季節にはソルトスクラブをおすすめします。塩の成分が肌の古い角質を優しく除去してくれるとともに、紫外線にさらされたお肌を優しくクールダウンしてくれるからです。
 また手も顔と同じ皮膚でできていますので、スクラブ洗顔料で洗って頂いても問題ありません。

 スクラブ洗浄をする際にはゴシゴシとこするのではなく、スクラブで肌をマッサージするように、優しく洗っていきましょう。

 

2.甘皮のケア

 スクラブ洗浄が終わったら、次はネイルケアをしていきましょう。
 既に爪周りは手を洗った際の水分で柔らかくなっているはずですので、そこにキューティクルリムーバーをつけてさらに甘皮を柔らかくし、爪の表面に付着している甘皮をコットンで除去したり、余分な甘皮をニッパーで除去したりします。

※甘皮のお手入れについては過去の記事でもご紹介させていただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

3.ハンドマッサージ

 人は血行が悪くなると肌の色が悪くなったり肌荒れしやすくなったりします。そこでスペシャルケアをする際にはハンドマッサージをして、手の血行を改善してあげましょう。
 マッサージといってもすごく簡単ですので、ぜひ実践してみてください。

 まずはマッサージをする手にハンドクリームやオイルを塗ります。
 そうすることによって滑りを良くするとともに、肌同士の摩擦による肌トラブルを防ぐことができるのです。

 そしてまずは指からマッサージしていきます。
 親指で爪の根元を軽く押しながらマッサージしていき、それが終わったら次は指を引っ張るようにして全体を圧迫します。

 次に、指と指の根元を押します。
 片方の親指で指と指の間をギュッと押し、全体をマッサージしていきます。

 最後はリラックスのためのマッサージです。
 こぶしを手のひらに押し当てて心地いい力加減でマッサージをしたり、指を組んだり軽くて首を回したりして、手全体をほぐしてあげましょう。

 以上でマッサージは完了です。

 

4.ハンドパック

 さて、古い角質を落としてマッサージも完了した後は、ハンドパックをしていきましょう。
 最近はハンドパック用の製品も沢山販売されていますが、手に入らなければお顔用のパックでも構いません。手の全体にまんべんなくパックを塗り、そのまま10分程度放置します。
 ちなみにこの時、ナイロン等でできている手袋をしておくと、有効成分をより浸透させることができますよ。

 そして10分経過後は、肌表面に残ったパックを優しく洗い流します。

 

5.化粧水で仕上げ

 ここまで来たらあともう少しです。
 最後に、化粧水をたっぷりと手に塗って、保湿をしていきましょう。ささくれ等の手荒れが気になる方の場合、ヒアルロン酸やプラセンタが配合されている化粧水を使用することをおススメします。

 そして化粧水を塗った後は、乳液やクリームをつけましょう。
 そうすることによって、肌に補給した水分をしっかりと閉じ込めることができます。

 
 いかがでしょうか。
 文字で見ると少し手間がかかるようにも思えますが、実際にやってみると30分程度ですべての工程を終えることができます。とても簡単ですし、ご自宅にあるフェイスケア用の製品でもハンドケアをすることは可能ですので、ぜひお試しくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事は当ブログのライター「PI-NAIL」が書きました。

Comments are closed.