> >

毛穴が開く2つの原因と間違ったケアが促進するエイジング現象




 
毛穴トラブルと聞くと、なんとなくアンチエイジングというより若さゆえの悩み、そんな感じがしませんか? 実際【毛穴の黒ずみ】【毛穴の開き】といった肌トラブルは大抵10代~20代に多くみられる気がかりで、ローティーン向けの化粧品ラインには必ずと行って良いほどその手のお悩み解消アイテムが組み込まれています。


スポンサードリンク



 
【毛穴の黒ずみ】に関しては、油分の分泌量が減ってくると、そう年齢を重ねてまで悩む問題ではないと思いますが、しかし【毛穴の開き】を甘く見てはいけません。【毛穴の開き】には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1. 油分過多

1つは『油分過多による毛穴の開き』。
この場合はお肌の水油分バランスを取ってあげる事でだいぶ改善されてきますし、また年齢を重ねていくと少しずつ油分の分泌量も減ってくるのが一般的ですので、そのときに【毛穴の開き】が癖になっていないように引き締める効果のあるスキンケアを取り入れるだけでもだいぶ違ってきます。

 

2. 乾燥

ただし問題なのは2つ目。『乾燥による毛穴の開き』です。
【毛穴の開き】というと『油分が多いから』だと直結して考える方がほとんどですが、意外と水油分値を調べてみると水分はもちろん油分も理想の値に達していない、という方が少なくありません。それなのに思い込みで乳液やクリーム類を使わなかったり、突っ張るほど洗い上げてしまう洗顔を使ってみたりとお肌に対するきちんとしたケアができていない人って、本当に多いのです。

その結果どうなるか……お肌はもう砂漠状態ですよね。もちろん【毛穴の開き】も改善されません。そこへきて加齢が重なると、今度は丸かった【毛穴の開き】がだんだんと涙型になって肌全体が下がり始めてしまい、こうなってしまうと一気にお顔が老け込んで見えます。眼の下から小鼻にかけての範囲が涙型に開いた毛穴で目立つようになってくると、お肌のハリを保つための力が無くなり、結果そのまま法令線が深く印象付けられるお顔になってしまうからです。

 

原因の把握と正しいケア方法を

法令線が深いお顔というのは、どんなにメイクでごまかそうとしてもできるものではありません。一気に『お年寄り』感が増してしまい、実年齢以上に老けて見られるようになってしまいます。こういった先々のトラブルを抱えないためにも、【毛穴の開き】を思い込みで処理しないで、きちんとご自身に合ったお手入れで解消しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.