> >

化粧品ブランド別に見るセラミドの種類



乾燥肌の方や敏感肌の方向けの化粧品シリーズの中には、セラミドが配合されているものがあります。

 

セラミド化粧品

 

ただ、セラミドとひと口に言ってもいくつかのタイプのものがあり、肌に対しての作用も若干の違いがあります。

スポンサードリンク


 

 

まずは天然セラミド

・動物性セラミド
自然由来のセラミドの中でもウシなどをはじめとした動物由来のものを動物性セラミドと呼んでいます。
肌馴染みがとても良く、スキンケア効果では一番のものが期待できますが、その分高価となっています。狂牛病が発生して以降は動物性セラミドを使用したものはあまり見られなくなりました。

 

・植物性セラミド
自然由来のセラミドの中でもコメや小麦、大豆、とうもろこし、こんにゃく芋など植物から抽出したものを植物性セラミドと呼びます。ヒトの肌にあるセラミドとは構造が異なっていますが、作用は穏やか。とりわけ最近はこんにゃく芋由来のセラミドが注目を集めています。

 

 

天然型セラミド(バイオセラミド/活性型セラミド)

セラミドと同じ分子構造を持つ、合成したセラミド。
人工的なものではあるものの、安全性は高く、天然セラミドとほとんど同じものと考えて差し支えありません。

 

 

合成類似セラミド(擬似セラミド)

セラミドと似たカタチの分子構造を持つ、擬似的なセラミド。働きもセラミドとよく似ていますが、成分としてはセラミドとは別物ということになります。

 

 

セラミドに着目したスキンケアブランド

セラミドに着目したシリーズの中でも特に有名なものとしては、小林製薬のヒフミドや花王のキュレルなどを挙げることができます。

 

ヒフミド

ヒフミドに配合されているセラミドは、天然型セラミド2と呼ばれているものです。これは人間の皮膚に存在しているセラミドの約5分の1を占め、最も保湿力が高いとされているセラミド2を合成したもの。
皮膚に存在しているものと同じ構造をしているため、塗ることで肌のバリア機能を直接補うことが可能となっています。

 

ヒフミドはエタノール・パラベン不使用、無香料、無着色ですので、概ね肌に優しい成分で構成されていますが、陽イオン界面活性剤のポリクオタニウム-51とポリクオタニウム-61、合成ポリマーのカルボマーが配合されている製品もありますので、これらの成分に対してアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

 

キュレル

花王のキュレルに関しては、配合されているのは天然のセラミドではなく、上記4番めの合成類似セラミドということになります。
キュレルに配合されているものは花王が独自の研究によって開発されたもので、花王ではこれを「セラミド機能成分」と表現しています。キュレルシリーズが比較的購入しやすいお値段設定になっているのはそのためなんですね。

 

ただし、キュレルシリーズにはPOE水添ヒマシ油などの合成界面活性剤、ジメチコンなどの合成ポリマー、防腐剤のパラベンなどといったお肌にアレルギーを起こす可能性のある成分もいくらか含まれています。すでにトラブルのある肌へのは見合わせるべきですし、アトピー肌のように非常にデリケートな肌への使用についても慎重になったほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「望月杏子」が書きました。

Comments are closed.