> >

美白クリームの上手な使い方:効果絶大ハイドロキノンの副作用は?



エバメール
 
「美白クリームは保湿クリームとは何が違うんだろう?」

そんな単純な疑問を持ったことはありませんか?
美白クリームはその名の通り美白成分の入っているクリームですが、通常のクリームとの違いは単純に美白するための成分が入っているかいないかの違いです。


スポンサードリンク



 
一般的な美白クリームは美白成分だけでなく、保湿成分も含まれているため、美白をしながらお肌を労わることができます。
そのため、美白美容液とも併用して美白できるという、一石二鳥の商品とも言えます。

 

美白クリームの使い方

美白クリームだけで美白を行うのでも問題はありませんが、美白美容液を使って美白成分を肌に浸透させたところで美白クリームで蓋をすることになるので、美白成分をしっかりと肌に閉じ込めることができます。

また、お肌全体に美容液、美白クリームを塗った後、消したいシミやくすみの場所に美白クリームをのせてあげると、シミやくすみがピンポイントで薄くなります。
さらに全体につけることにより、お肌の透明感を上げることもできます。

このような感じで、美白クリームは美容液同様に美白にはかなり優れた効果を発揮してくれます。

美白美容液と同じようにハイドロキノン(シミを薄くする美白成分)やアルブチン(シミを予防する美白成分)、ビタミンC誘導体(シミ予防、お肌のターンオーバーを助ける成分)などの美白成分が配合されたものが多く、シミ、くすみへの美白対策がしっかりと行えること間違いなしなのです。

 

肌の敏感な人でも美白クリームは使える?

しかし、肌を守るためのクリームとはいえ、ハイドロキノンなどの少々強い美白成分が配合されているものもあり、肌が荒れてしまう可能性もあるので、購入する前にはパッチテストを行いお肌に問題がないか調べてから使う必要があります。

基本的にはお肌の弱い人には美白成分の入った美白クリームはお勧めできませんが、最近ではお肌の弱い人でも使える美白クリームが販売されているので、興味があれば探してみるのも良いかもしれません。

 

皮膚科で処方される美白クリーム

また、特殊な物として、皮膚科でもらえる美白クリームがあることをご存知でしょうか?
皮膚科で美白クリームをもらう場合には言えばくれるというわけではなく、医師の診察が必要になってしまいますが、シミ、くすみ対策を治療目的で行うため、市販されている美白クリームよりも少し濃度の濃い物を手に入れることができます。

皮膚科でもらう美白クリームはあくまでも治療薬なので、顔全体に伸ばす市販のクリームとは違い、部分的につけていくものが多いようです。
皮膚科といえど、シミ、くすみを消すための治療は自由診療、つまり自費で行う場合が多く、薬をもらうだけでも2,000円位からという少々お高めな薬を購入することになります。

ただ、ハイドロキノンを使用したクリームを出してくれるところが多く、市販のハイドロキノン配合クリームは濃度が1~5%であるのに対して、皮膚科で出される美白クリームはハイドロキノンが4~10%とかなりの高濃度のものを購入することができます。

ハイドロキノンはシミ、くすみを薄くすることで有名な成分ですが、心配なのがその刺激の強さ。
特に皮膚科で出される高濃度のハイドロキノンを配合した美白クリームは、シミは消せても他の支障が出て来かねません。
くれぐれも医師や薬剤師に言われたことを守り、使用するようにして下さい。

 

市販されているハイドロキノン配合クリーム

市販されているものの中にも、皮膚科で処方されるものとは濃度に違いがありますが、ハイドロキノン配合の美白クリームがあります。
市販のものは濃度が1~5%と皮膚科のものより低めですが、ゆっくり継続してシミ、くすみにアプローチすることができます。
美白肌を目指すなら、ハイドロキノンの濃度が2~4%程度であれば、トラブルが少なく安心して使えると言われています。

 

冷やして使う美白クリーム

最近では冷やして使う美白クリームも登場しています。
紫外線などによって肌がほてりを感じると、メラニンが過剰に反応して増え、黒化する傾向があります。そこで、そのほてりを冷やしてメラニンの反応を抑え、シミを予防しつつ美白成分をしっかりと肌に浸透させるという商品です。

美白成分がぎゅっと閉じ込められている上、クリーム特有のしつこさもなく、暑い日のお肌にはベトつかずに馴染んでくれるというなかなかのすぐれもの。
暑くなる時期にはほてり対策と同時にひんやりとした心地良さを体感できるとあって、人気を呼んでいます。
ただし、凍らせると品質が劣化してしまうので、冷やすだけにとどめておきましょう。

 
このように美白クリームも様々なメーカーからたくさんの商品が発売されていますし、皮膚科でも美白クリームを手に入れることができます。
目的やお肌との相性によって商品を選ぶことができるので、まずはパッチテストから試して自分に合ったものを使用するようにしてください。

すでにシミ、くすみがのある肌にとって美白ケアは長い戦いになりますが、何よりも継続することが大切。焦ることなく美白化粧品を使用していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.