> >

オイリー肌の洗顔は洗顔料選びと洗いすぎに気をつけて



洗顔

 

脂症の人がおちいりやすいのが、「皮脂を落すための洗顔法」で、セッセと洗うこと。
気持ちも落ち着かないしニキビも出るし、テカリも気になる場合は、肌質が「脂症・オイリー肌」こそ徹底した洗顔が必要だと思いがちですが、それは間違った洗顔方法です。

スポンサードリンク


 

 

脂性でも洗顔剤の使用は1日1回程度で十分

セッセと皮脂を落すことで、肌は「皮脂が足りていない」と判断して更に過剰に分泌します。
要するに「追いかけっこ」になってしまうのです。
一日に何回も洗顔をするのは止め、洗顔料を使用しての洗顔は1日1回にして、気になる場合はぬるま湯で軽くすすぐだけの洗顔に切り替えたほうが良いようです。
思春期の頃のニキビでも、時期が来てホルモンバランスが正常になれば、落ち着きます。

 

 

洗顔料の選択も重要。強すぎないものを選んで

スクラブ入りがしっかり汚れが落ちるからと選ぶと、そのスクラブが肌を傷つける結果にも繋がりかねません。
洗浄力の弱い刺激の少ないものを選び、泡立てネットでしっかり泡立てて、泡で優しくなでるように洗います。

時には、「ぬるま湯だけで優しく洗う方法も試してみて」と、皮膚科の医師は説いています。
皮脂が多すぎて悩んでいるときに、この方法はちょっと難しいかもしれませんが、試してみる価値はありますよ。

 

 

保湿が肝心。水分不足を見逃さないで

脂性肌の改善には、充分な保湿が大切です。
皮脂が多すぎることは眼で見て判断できますが、水分の不足は見逃してしまいがちです。
「脂症・オイリー肌」の人こそ、「皮脂を落としすぎず、洗顔は優しく、保湿を充分に」がポイントなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.