> >

冷え性は食べ物と習慣で必ず改善できる!体を温める食べ物、冷やす食べ物の基礎



冷え性

 

しっかりインナーを着こんで、首や足首を温めているのに、なぜか冷え性が治らない…。
顔色がくすんで見えたり、乾燥してカサカサと粉がふくなどの肌トラブルが出がち。
そんな方は、実は知らず知らずのうちに、身体を冷やす食べものばかり好んで食べているのかも。
冷え性を改善させるためには、食事の見直しが必須です。
身体は食べたものからできている!まずは、そのことを頭に置いて、冷え性改善を目指しましょう。

スポンサードリンク


 

 

身体を温める食材で冷えを取り除き内側から温める

冷たい食べものや飲みものは身体を冷やすから、なるべく温かいものをとっている。
でも冷え性が治らない!という話をよく聞きますが、食材は温かければそれでOKというわけではないんですよ。
東洋医学の観点では、冬が旬のもの・寒い地域でとれるもの・色が茶色い(黒い)ものは身体を温めると言われています。

 
逆に身体を冷やすものは、夏が旬のもの・温かい地域でとれるもの・色が白いものです。
例えば、野菜ならブロッコリーやごぼう、れんこんなど冬が旬のものは身体を温めてくれますが、逆にトマトやキュウリ、ナスなど夏にとれる水分の多い野菜は、身体を冷やすと言われています。

 
白米よりは玄米や胚芽米の方が栄養価にも富み、身体も温めてくれるのでおすすめです。
緑茶やコーヒーは身体を冷やすと言われていますので飲みすぎには気を付けて、できればノンカフェインのハーブティーなども取り入れるようにしましょう。

 
加熱した生姜に含まれるショウガオールという成分には血流を良くする働きがありますので、積極的に料理に用いるのもいいですね。
普段、パンとサラダとコーヒーでランチを軽くすませてしまうという方は、身体が冷え切っている可能性もあります。
この機会に食生活を見直してみるといいかもしれません。

 

 

お湯に浸かる習慣も冷えを取り除く効果があります

それから、40℃前後のお湯にゆっくりと浸かる半身浴も、身体を芯から温めるのに効果的です。
体温が上がると免疫力も上がるので、身体を温めることで風邪をひきにくくなるなどのプラス効果もあるんですよ。

 
ヨガやストレッチ、ウォーキングなど適度な運動で筋肉をつけ、代謝を良くするのもおすすめです。
身体の冷えが徐々に改善されていくと、肌のターンオーバー機能が正常に働くようになり、くすみや目の下のくま、乾燥肌など冷えが原因とされる肌トラブルも改善していきます。
身体を温めるためには、その燃料となるものを蓄えておくことが必要になるんですね。
上手に冷えを克服して、美肌を手に入れましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.