> >

ふたたびの出会いの場…同窓会での気になる彼との再会を恋に繋げる方法



香水
学生時代、好きだったけれど告白も何もできずに終わった恋。ちょっといいなと思っていたけれど、友達以上にはなれなかった彼。


スポンサードリンク



 
今回は学生時代のあの頃、気になっていた彼、またはあの頃は、全然興味は無かったけれど、久しぶりに会ったらとても素敵な人になっていて何だか気になる彼に好印象を与え、出会いを次に繋げて、恋に発展しやすくなる方法を挙げていきます。

 

1、過去の共通の思い出話をし、盛り上がる

「あの先生覚えてる?」、「体育祭でさ」など先生や行事など、彼と楽しかった学生時代の思い出話をし、とにかく盛り上がることで、「話してて楽しいな」と思わせることで、好印象を与えることができます。また、学生時代はあまり話したことがない人だったとしても、仲良くなりたいと思った場合、とにかく明るくニコニコしながら話しかけ、やはり共通の話題を探すことで、一気に親しみやすさを感じて、恋に発展する可能性もあるかもしれません。

 

2、LINEなど連絡先を聞き、当日中に連絡する

気になる彼と再会したり、もう少し話したりしてみたいなという人と出会ったら、「今度は皆で集まりたいからグループ作って連絡取ろうよ」や、直球で「LINE教えて。また話したいから」など、自分から次に繋がるためのきっかけを作ることで、自然と彼に近づくことが出来ると思います。連絡先を交換した後は、帰宅途中など、なるべく同窓会の余韻が残っているうちに、「今日は楽しかったね」など連絡することで、「すぐ連絡が来るなんて、社交辞令じゃなくて俺に興味があるのかな」と彼にも好印象を与えることができるかもしれません。

 

3、「昔、好きだったんだよ」と伝える

思い切った方法かもしれませんが、再会した彼にどうしても何かアピールしたい場合、「もう時効だから言うけど、○○君のこと昔好きだったんだ」と、わざと彼に聞こえるように近くで友達同士で当時の恋愛話をすることで、彼をドキッとさせることができるのではないでしょうか。その後、本人にも冗談っぽく「さっきの話聞こえてた?」とか「昔好きだったんだよ。知ってた?」など伝えることで、彼も意識するようになり、それをきっかけに興味を持ってもらえれば、恋に発展する可能性も高いと思います。

 

同窓会での発展は恋に発展しやすい!

同窓会は同じ空間で、同じような時間を過ごした人たちの集まりであり、懐かしさや、ある程度の人柄を知っているという安心感もあり、恋に発展しやすいといえます。また、再会までの時が経っていたとしても、お互いに共通の思い出などがある場合は、親しくなるのにそう時間はかからないかもしれません。「同窓会」という非日常な空間では、思い切って自分から、素敵な恋のきっかけを作ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:

Comments are closed.