> >

乾燥肌さんに特におすすめ!アロマオイルを希釈するアロマオイルベスト3!



アロマオイル

 

精油を安全に使用するために欠かせないのが基材です。
基材の代表が植物油なのですが、肌から精油を取り込む助けをしてくれるので、アロマテラピーの世界ではキャリアオイルと呼んだりしています。
また、ボディークリームに使うバターとかミツロウなども基材の一種です。

スポンサードリンク


 

 

オイルは乾燥肌の方にオススメ

植物油を使うことで、マッサージなどに適したアロマブレンドを作ることが可能ですが、オイルを使うのが向いているのはなんといっても乾燥肌の人です。
肌の乾燥には、オイルがよく効きます。
オイルは一般的に保湿効果が高いので、乾燥が気になる人は保湿効果が高いオイルを選んでマッサージオイルや美容液を作るのがおすすめです。

 

 

アボカドオイル

特に乾燥肌の人におススメなオイルとして、アボガドオイルが挙げられます。
アボガドオイルは、オレイン酸やビタミン・レシチンなどが豊富に含まれているため、最近では栄養価の高いオイルとして注目されています。
保湿力が高いうえ、角質への浸透率が高いので、肌をやわらかくしたり、若々しく保つ効果があり、美容目的で利用されることが多いです。

 
ただし、粘性が強いのですべりが悪いのが難点だったりします。
また香りも強いので美容目的で使用する場合は、他のキャリアオイルとブレンドして使うことが多いようです。

 

 

アルガンオイル

肌だけでなく、髪の毛の乾燥も気になるなら、アルガンオイルがおすすめです。
乾燥の厳しい北アフリカのモロッコでしか生息しない樹木から採取されるオイルです。
アルガンの実の種子からとれる希少なオイルですが、肌や髪に必要な脂肪酸を豊富に含んでいます。
オリーブの二倍以上のビタミンEが含まれていることも最近分かってきました。
ビタミンEは抗酸化作用があると言われていて、ほぼ無臭である点でも使いやすいオイルです。

 

 

カメリアオイル

それと、髪のぱさつきに効果的なオイルといえば、カメリアオイルは外せません。
日本でも椿油として古くから人気のオイルです。
実は軽い紫外線防止効果があるため、髪や肌につけることで日焼けを防ぐことができたりします。
肌なじみもよく、べたつきが少ないので使いやすいのも特徴です。
酸化もしにくいため、比較的長期間保存も利くことから初心者にもおすすめのオイルの一つです。

 
アルガンオイルやカメリアオイルは、ほとんど無臭であるため、アロマとのブレンドにも向いています。
オイルで香りが消されてしまってもアロマの効果がないわけではありませんが、より鼻や肌からアロマの効能を実感したい方は、香りの少ないオイルを利用するのが向いていると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「saya」が書きました。

Comments are closed.