> >

今大人気のごぼう茶って?効果から作り方・オススメ商品まで



ウーロン茶
 
体に良いお茶と言ったら、どんなお茶をイメージするでしょうか?
例えばそれは、殺菌効果があって馴染みの深い緑茶だったり、ダイエットに効果があるとして知られている中国茶かもしれません。また、スイーツとの相性も良い、香り高い紅茶やハーブティーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

これらのお茶は、どれもチャノキと言われている木の葉や、植物の葉や花、茎などを乾燥させたり、発酵させたりして作られたお茶です。
しかしお茶の中には、そんな草木の葉や花からではなく、野菜から作られたものもあります。

ごぼう茶も、そんな野菜から作られたお茶の一つです。
アンチエイジングのお茶として一躍人気になったこともあるごぼう茶について、ご説明していきたいと思います。

スポンサードリンク



 

効果いろいろ!ごぼう茶とは?

ごぼう茶の原料は、野菜でお馴染みのごぼうです。
きんぴらごぼうや、ごぼうサラダで食べられることの多いごぼうが、まさかお茶になるなんて、と思う人もいるかもしれません。
しかし、少し前に若返りのお茶として一躍注目を浴びてからは、様々な市販のごぼう茶が販売されています。

そんなごぼう茶の原料であるごぼうは、何となくイメージとして、便通をスムーズにする食物繊維たっぷりの野菜といった感じですが、ごぼうの効果はこれだけではありません。
実はごぼうは、野菜の中でも抜群の抗酸化作用を持つ食品なのです。
抗酸化作用がある食品と言うと、赤い人参や緑の葉物野菜など、緑黄色野菜にその効果があるように思われがちですが、真っ白なごぼうにこそ、たっぷり含まれているのです。

また、ごぼうはスーパーなどで季節を問わず入手しやすいことから、ごぼう茶がブームになった時には、大量のごぼうを購入して、自宅でごぼう茶を作っていた人も多いことと思います。
このことからも、とても身近で馴染みの深いごぼうが原料なのに、優れた美容や健康効果を得ることができるお茶がごぼう茶です。

 

これがオススメ!市販のごぼう茶

ごぼう茶を飲んでみたいと思ったときに、まずチェックしたいのが市販のごぼう茶です。
元々身近な食品が原料である上に、優れたアンチエイジング効果が話題となりブームになったことからも、今も数多くのごぼう茶が販売されています。
購入しやすい場所は、ドラッグストアや食品スーパー、大手ネットショッピングサイトなどです。

入手しやすいものでは、小川生薬の国産牛蒡茶(ごぼう茶)ティーバッグ(30袋 924円税別)や、山本漢方のごぼう茶(3g 28包 729円税別)があります。どちらもとてもリーズナブルなお値段で安全なごぼう茶を楽しむことができるので、初めてごぼう茶を飲んでみたい人にもお勧めです。

他にも、健康茶さがん農園の「八百屋さんの九州産ごぼう茶」(2.5g 30包 1,300円税込)や、がばい農園の「国産のごぼう茶」(2g 50包 1,512円税込)が楽天などで人気です。
どちらの商品も、安心して飲み続けられる高品質な国産ごぼう茶を入手しやすい価格で購入することができるので、気になる人はぜひチェックしてみましょう。

 

手軽で簡単!自家製ごぼう茶の作り方

ごぼうは古くは江戸時代からその効果が認められていたり、薬の原料として使用されてきた歴史もあるなど、優れた効果効能を持つ野菜です。
しかもとても身近で季節を問わず食品スーパーなどで手軽に入手できることから、ごぼう茶を手作りして、よりリーズナブルに楽しみたいという人もいるかもしれません。
そんな人にお勧めの、自家製ごぼう茶の作り方についてご説明していきます。

(1) ごぼうをたわしで軽く擦り洗いし、よく泥を落とします。皮に栄養成分がたっぷり含まれているので、皮を削らない程度の力でしっかり汚れのみ落としましょう。

(2) 薄めのささがきの要領で、ごぼうを削いでいきます。

(3) 重ならないように平らに並べて、お天気の良い日を選んで丸一日しっかり天日で乾燥させます。

(4) 油をひかないフライパンを熱して、乾燥させたごぼうを入れて、弱火でしっかり煎ります。
10分間くらい煎り続けて、水分が飛んでパリッとしてくるまで焦がさないように続けます。

(5) しっかり粗熱を取り、冷ましたら出来上がりです。

作ったごぼう茶は、清潔な保存瓶などに入れて、冷蔵庫保存で約1か月くらい保存することができます。
また、料理でごぼうを削ぐ時には、ささがきや削いだごぼうを水に晒しますが、ごぼう茶を作る場合は水には晒さず、そのまま乾燥させます。

(3) の天日干しが面倒な場合は、500Wか600Wの電子レンジで3分間加熱し、さらに表面をひっくり返して2~3分間加熱すると、天日干しと同様の状態にすることができます。
時間のある時にまとめて作って、ゆっくり自家製のごぼう茶を楽しんでみましょう。

 

アンチエイジングにごぼう茶を

このように、ごぼう茶は市販のものを気軽に入手することができるだけでなく、自分で作ってもそれ程手間もかからず、簡単に作ることができるお茶です。
しかもごぼう茶には、水溶性の食物繊維や野菜の中でも群を抜いて多い優れた抗酸化作用があることから、アンチエイジング効果を始めとする、様々な美容や健康効果を得ることができるのも嬉しいところです。

ぜひ今日から毎日の生活にごぼう茶を取り入れて、その効果を実感していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.