> >

化粧下地の塗り方で陶器並みの美麗ベースメイクに仕上げるテクニック



艶肌メイク
 
ベースメイクを長持ちさせるのに欠かせない化粧下地を、毎日どのように塗っていますか?
化粧水や乳液をつける時と同じように、手のひらに出してぱぱっと顔に伸ばしていたり、適当にスポンジでゴシゴシ馴染ませたりはしていないでしょうか。


スポンサードリンク



 
肌色の補正やシミ、クマを隠したり、毛穴やニキビ跡まで目立たなくできる化粧下地は、正しい塗り方でつけなければ、その効果も半減してしまいます。
今日から化粧下地を正しい塗り方で使用して、ベースメイクを陶器のような美しい仕上がりに仕上げていきましょう。

 

化粧下地を塗るのはスキンケア後数分以上経ってから

化粧下地を塗る前に大切なのが、しっかり汚れを落とした洗顔と、たっぷり保湿するスキンケアです。
皮脂や毛穴の汚れの詰まりがあると、どうしても化粧下地のノリも悪くなってしまいます。しっかり泡立てた洗顔料や石鹸で、優しく汚れを落としておきましょう。
朝洗顔料や石鹸を使うと乾燥してしまう人は、人肌より少し温めのぬるま湯で洗ったり、カオリンなどのクレイを使用しても汚れをすっきり落とすことができます。

汚れを洗顔でしっかり落としたら、次に保湿ケアを行います。
化粧水や乳液を手のひらやコットンで丁寧に馴染ませますが、この時も乾燥の気になる部分があったら、化粧水をコットンに浸み込ませて5分貼り付けるコットンパックや、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された保湿美容液を化粧水の後に使用すると肌の潤いを保持しやすくなります。

しっかり保湿したら、ようやく次は化粧下地の出番ですが、ここで大切なのは、肌に保湿アイテムがしっかり浸透しないうちに、慌てて化粧下地を塗らないということです。
慌てて化粧下地を塗って乳液や美容液と混ざってしまうと、ムラや化粧崩れの原因になってしまうので注意が必要です。

できればスキンケア後数分おくか、スキンケアの後に支度や片付けなど、他の作業を一つしてからメイクをする直前に化粧下地を塗るようにすると、綺麗に塗ることができるのでお勧めです。

 

化粧下地の塗り方

スキンケアがしっかり浸透して化粧下地を塗る番になったら、まず化粧下地を手の甲に適量出します。
化粧下地はたくさん使えば綺麗にベースメイクが仕上がるというものでもないので、必ずそれぞれの使用量を守りましょう。

 

手で塗る場合

(1) 手の甲に化粧下地を出したら、絵の具をパレットで混ぜる要領で、軽く人指し指、中指、薬指の指の先を使って成分を均等になるように軽く混ぜます。

(2) 混ぜたら、少量ずつ混ぜたのと同じ3本の指取り、まずは顔で一番高い頬骨の部分と額にポンポンと乗せて内側から外側へと馴染ませていきます。

(3) 次に鼻筋と顎にも化粧下地を乗せ、指の腹でポンポンと馴染ませるようにして外側へと化粧下地を塗っていきます。

(4) 最後に目元や口元などデリケートな部分にも、薄く化粧下地を内側から外側へと指の腹でのせていきます。
この時気を付けることは、決して擦らない事と、目元のシワやほうれい線が目立たないよう、なるべく薄く塗ることです。

 

スポンジで塗る場合

スポンジで塗る場合も、基本は手で塗るのと同じ要領です。
必ず内側から外側、下から上の方向を守り、少しずつ塗っていきましょう。

(1) 手の甲に出して軽く混ぜた化粧下地をスポンジに少量取り、まずは手でつけるのと同様に頬骨の部分と額にのせて手早く内側から外側、下から上への要領で伸ばしていきます。

(2) 次に鼻筋と顎も同じ要領で少量の化粧下地をスポンジでのせ、ポンポンと押さえるように内側から外側へと塗っていきます。

(3) 目元や口元など皮膚が薄い部分は、最後にスポンジに残っている化粧下地を、スタンプを押す要領で優しく馴染ませます。

 
シミやクマが気になる部分は、顔全体に化粧下地を塗った後、指やスポンジにごく少量の化粧下地を取って、軽くたたき込むようにして重ねて行きましょう。
また、毛穴の開きが気になる部分は、スポンジや指に取った化粧下地を、ギュッと押さえるようにして塗っていくと上手に隠すことができます。

 

塗り方は化粧下地のタイプによって使い分ける

手の指を使うのか、それともスポンジで塗るかは好みでも構いませんが、化粧下地が乳液タイプのサラッとしたものなら、スポンジだと吸収してしまって上手に塗るのが難しいですし、クリームタイプのコントロールカラーなどをシミやクマの気になる部分にのみ使用する場合は、逆にスポンジの方が綺麗に仕上がります。
それぞれの形状に合わせて、塗り方を変えるのも化粧下地を綺麗に仕上げるために大切なポイントです。

また、スポンジを使用する際は、必ず冬場は週に1度、夏は週に2~3回は洗って、清潔な状態を保つように心がけることも必要です。スポンジが汚れたままだと、スポンジ自体にカビなどが生えやすくなりますし、何より目に見えない雑菌が増殖するので、肌トラブルの原因になったりもします。

化粧下地の持つ機能を最大限に活かすためにも、常に清潔なスポンジを使用するように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.