> >

新感覚♪韓流メイクの必須アイテム「ティント」の塗り方・使い方




先日新大久保に遊びに行き、韓国のコスメショップで買い物を楽しんできました。
日本の百貨店やショッピングセンターのコスメ売り場にはないものがいっぱいあって、好奇心が刺激されました!
テスターでいろんなもの試してみて、それだけでもとっても楽しかったです。


スポンサードリンク



 
蛇毒クリームやザクロのパック、唇専用のスクラブなんかがあってどれを買おうか迷ってかなりの時間費やしました。
そのなかで即購入を決めたお気に入りが「ティント」です!

ティント

 

ティントってどんなもの?

ティントとは唇のメイクに使うコスメで、リップでもグロスでもない新感覚のコスメです。
韓国のスターや女優もメイクにはこのティントが欠かせないんだとか。
形はいろんなものがあって、スティック状のものからチューブタイプ、小さなケースに入ったものなどさまざま。
リップとセットになっているものもありました。
見た目は半透明でグロスに近い感じ。
でも唇にのせると不思議と発色するんです!

 

綺麗な発色で唇を美しく見せるティント

はじめから色がついてる訳じゃなくて、塗ってはじめて色がでるんです。
しかもその発色感がとっても良い感じ。
もともとの唇の色がきれいに見えるような仕上がりなんです。
唇のくすみや暗みを取り去ってくれて、血色がよく見えます。
それでいて自然!
薄く付ければ何も塗っていないように見えると思います。
お試しした時に感動して即購入を決めました!
値段はものによりさまざまでしたが、だいたいが1,500円くらいまで。
お手頃価格です。

 

水や汗に強く、色も長持ち!

口紅のようにしっかりとした発色じゃないので、メイク初心者や学生さんにも人気らしいです。
気軽なのでちょっとしたプレゼントにもいいなと思いました。
このティント、その不思議な発色が気になったので自宅に帰ってどんな成分でできているのか調べてみました。
そして分かったのが以下のことです。

ティントは、唇の表面に塗るリップやグロスとは違い、唇の角質層に色を染みこませるものだそうです。
そのため唇本来の色のような内側から発色している感じになるそう。
リップ、グロスより色が長続きするのも特徴でしかも水や汗に強い!

確かに、塗った後食事してもとれにくかったです。
発色の実感からなるほどと思いました。
唇への密着力が強く、角質層に浸透するので普通のクレンジングでは落ちにくいらしい。
唇専用のリムーバーで落とすんですね。
だから唇専用のスクラブ、なんてアイテムがあったのか!と納得。

 

ティントを塗るなら専用リムーバーを使って

他にも唇専用のパックもありました。
ティントは塗った直後は艶っぽくうるおっていますが、少し時間がたつと性質上乾きやすくなるため、塗る前はリップクリームで事前にケアをした方がいいそうです。

角質に染みこむなんて害はないのかな!?なんて心配になる人もいるかもしれませんが、唇のターンオーバーはとっても早いので角質の入れ替わりも早い。
私の場合専用のリムーバーを持っていないのですが、前日つけた色が翌日まで残っているなんてことはないです。
でも専用のリムーバーはあった方がいいかもしれませんね。

気になった方はこのティント、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
オススメですよ☆

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「cherish」が書きました。

Comments are closed.