> >

妊娠中にできやすいシミやそばかす、肌の黒ずみ、湿疹の対処法



ファッション
 
妊娠してからシミやそばかすが気になったり、乳首や腋が以前よりも黒ずんできたような気がしたりはしませんか?
また、お腹の中心に1本の線が出現したり……ということもあるようです。
これらの原因は女性ホルモン。
女性ホルモンには色素沈着作用があるため、女性ホルモンが増える妊娠期間中はどうしてもその影響を受けやすくなってしまうのです。


スポンサードリンク



 

一過性のものも多い妊娠中の顔のシミ

妊娠してから顔のシミが気になる……という方、まず安心してください。
それは妊娠性肝斑というもののことが多いです。妊娠性肝斑は、顔にできやすく一過性のものなので出産後数ヶ月もすれば消えてしまうことがほとんどです。

とはいえ、油断してはいけません。
妊娠中だけなら大丈夫……などとUVケアをさぼっていると、シミが定着してしまうこともあります。
可能であれば、日焼け止めや美白化粧品を使ってケアしていきましょう。
また、ビタミンCを多く含むフルーツなどを摂取するのもよいでしょう。
サプリメントを摂るという方法もありますが、そのときは必ず医師に相談してくださいね。

 

デリケートなプレママの肌、ケアはしっかりと

さて、妊娠中はつわりなどで日焼け止めや化粧品のにおいが一切ダメということもあります。それに、肌が極端に敏感になってしまって塗るものすべて肌に合わなくなってしまった……ということもあり得ます。
そういった場合でも、UVケアができない……シミだらけになってしまう……と落ち込まないで。
長袖を着る、日傘をさす、なるべく日の光に当たらないところを歩く……など少し意識するだけでも結果は変わってくるはずです。

 

乳首や腋の黒ずみ・正中線

乳首や腋の黒ずみ、お腹に1本の線……紫外線にあたっている場所でもないのになんで!?と思うかもしれません。
これもホルモンの影響です。
ちなみに、お腹の中心に現れる1本の線は、正中線と呼ばれるものです。
これらの黒ずみや正中線は、妊娠性肝斑と同様に出産後ホルモンバランスが整ってくる頃には元に戻るはずなので深刻になる必要はありません。

どうしても気になるようであれば、美白化粧水などをお風呂あがりに塗ってケアするのも良いかもしれません。
そのときに気をつけていただきたいのが、こすらないこと。
こすったり肌に刺激を与えると、それ自体が色素沈着の原因になってしまいます。
優しく手でなじませるようにつけてください。

 
いかがでしょうか。妊娠中にシミや黒ずみができてびっくりしている方も多いと思います。
でも、それはあなたの身体でホルモンが正常に分泌されて赤ちゃんを育てている証拠でもあるのです。
殆どの場合は一過性のものなので、あまり深刻にならずにUV対策だけはしっかりする!くらいの気持ちでマタニティライフを過ごしてくださいね。

 

とにかく痒い!妊娠性痒疹

妊婦してから急に湿疹に悩まされるようになったという妊婦さんも多いのではないでしょうか。
妊娠中の湿疹の多くは妊娠性痒疹、妊娠性掻痒症とよばれるもので、その名前にあるようにポツポツができるだけではなく、とにかく痒くて痒くてたまらないという方も多いはず。

妊娠性痒疹は、強いかゆみ、かくと全身に広がっていくという特徴があります。
発症は妊娠初期から中期ごろが多く、初産婦よりも経産婦に発症するとされています。
一方、妊娠性掻痒症は妊娠中期から後期にかけて発症することが多いのですが、かかる人は妊婦全体の数%とかなりまれです。
こちらも強いかゆみが現れますが、皮膚の表面はさほど変化がなくかゆみだけ全身にひろがるという特徴があります。
しかし、いずれも妊娠によるものなので出産すると嘘のように治ってしまいます。

とはいえ、妊娠期間中ずっと湿疹とかゆみに悩まされるのは耐え難いですよね。
湿疹で見た目が悪くなる、かゆくて家事や仕事に支障が出る……など何かと困るかと思いますが、もっと怖いのはかきむしってしまうことで傷ができ、傷口からばい菌が入ることです。
痒くてもかかないほうがよいのですが、痒ければ寝ているときなど無意識にかいてしまうこともあります。
やはり生活の質を保つためにも傷を作らないためにも、かゆみを落ち着かせることは大事なことだと思います。

 

痒み緩和のための対策

痒みを緩和するためには、医師から痒み止めのクリームを処方してもらうのが一番手っ取り早いです。
皮膚科でも妊娠中であることを告げれば診てもらえますが、かかりつけの産婦人科でもよく使用されるような痒み止めであれば安全なものを処方してもらえるようです。
ドラッグストアなどにも痒み止めのクリームは多く販売されていますが、どのような成分が入っていて安全かどうか素人が見極めるのは難しいです。
医師から処方されたものを使うのが一番ですが、やむを得ずドラッグストアで市販の痒み止めを購入する場合は必ず薬剤師に相談しましょう。

 

患部の締め付けが湿疹を悪化させる

また、自宅で自分でできるケアとしては、患部をしめつけないことです。
湿疹に悩まされる妊婦さんはお腹の湿疹からはじまることが多いようです。
それも、腹帯をしだした頃からという方が多いと聞きます。
腹帯はほどよくお腹をしめてくれるので着けていたほうが心地よいという方も多いと思いますが、しめることによって圧迫され、通気性が悪くなるとかゆくなりやすいのです。

腹巻タイプやコルセットタイプなど着用が簡単で便利なものも多いですが、湿疹に悩まされている妊婦さんには昔ながらのさらしの腹帯がオススメです。
綿素材で通気性もよいですし、肌触りがやわらかいので、湿疹のできたお肌にも安心して使うことができます。
また、お腹だけでなく他の部位もなるべく圧迫を避けたほうがよいでしょう。
例えば、ゴムのズボンでも締め付けのきついものであったり、靴下のゴム口がきつい……などでもかゆみを増強させてしまうことがあります。

妊娠中は、肌着も着るものもゆったりとしたサイズで通気性のよいものをえらぶようにするとよいでしょう。
つらい湿疹と痒みを和らげ、快適なマタニティライフを送れるようまずは着るものを工夫してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.