> >

改めて考えてみたい基礎化粧品のこと。たるみ毛穴&エイジングケア



日焼け止め
 
年齢と共に開く毛穴。
ファンデーションで毛穴を埋める作業をする度にため息。
いわゆる、『たるみ毛穴』。


スポンサードリンク


隠そうとすればするほど、肌ダメージも大きくなり、余計すっぴんの自分に自信が持てない……。
洗顔でちゃんと汚れも落としているし、化粧水に美容液で潤いも与えているはず……。なのに、どうして?

 

30代、40代……年齢に合う基礎化粧品、使ってますか?

まずは、スキンケア用品の見直しをしてみませんか?

『私の肌にはコレが合う』と思ったのは何年前でしょう?

5年以上前?10年?
あなたの肌は、年齢と共に変化しています。
数年前のスキンケア用品が今のあなたの肌に合うとは限らないのでは?

 

毛穴の開き専用のスキンケアシリーズ

筆者も、たるみ毛穴で相当悩んだ時期がありました。
とにかく隠そうとファンデーション、コンシーラーで埋めるものの、元々肌が弱いのもあり、にきびも併発。
そして、余計に素肌を隠そうと躍起になり、カバー力の強いファンデーションを塗る。
にきびの件に関しては、最後は皮膚科のお世話になりました。

そして、皮膚科で会計を待ってる間、会計カウンターの前にあるドクターズコスメを物色。
(皮膚科やクリニックには、よくありますよね?)
ふと『私、最後の化粧水のメーカーを選んだの、いつだっけ?』と思いました。

『今の私の肌に今の化粧水・乳液・クリームは合っているの?』
自宅に帰ってから、すぐに『たるみ毛穴』専用のスキンケア用品を探しました。
ドクターズコスメも魅力的だけど(お医者様の推薦有りのスキンケア用品)、値段が高いのがネック。
なるだけ、金銭的に長く続けていけるものが良い。
そう考えた筆者が出合ったのが、『草花木果』シリーズでした。

 

古い角質の除去から始まる毛穴対策

使用したのは、草花木果の透肌スキンケア(竹)シリーズの透肌マスクジェル。
毛穴が開いてしまう原因のひとつは、古い角質が毛穴を押し広げてしまうから。
草花木果の透肌マスクジェルは、それを優しく潤し、ティッシュペーパーなどでふき取ることで古い角質を除去。
毛穴やくすみを目立たなくする、マスクとして使う美容液です。

使い方は、洗顔→化粧水→透肌マスクジェル→ティッシュでふき取り、の順で行いました。
ティッシュでのふき取りは優しくを心がけました。無駄な肌ダメージは作りたくなかったので。

透肌マスクジェルのいいところは、洗い流さなくても良いというところ。
ふき取って、おしまい。その後、そのまま寝れてしまいます。

マスクとしてではなく、美容液としての使用では1本(90g)で150回使用できるので、経済的にも◎。

 

草花木果 透肌マスクジェルを使用した感想

実際に2本を使用した感想は、草花木果の透肌マスクジェルは使った次の日にすぐ毛穴が小さくなるものではないのかな?という感じです。
肌を整えることで、自然と毛穴を正常な状態へ向かわせる。そんな優しい美容液です。

毛穴がパックリ開いた、『たるみ毛穴』で悩む皆さん。
この機会に、スキンケア用品を全て見直してみてはいかがでしょう?

もちろん、お肌に合わない場合はムリして続けないようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「今井香」が書きました。

Comments are closed.