> >

1本は持っておきたいエッセンシャルオイル。殺菌や消臭に万能な「ティートリー」



アロマテラピー

 

肌に直接つけていい精油は意外と少ないってご存知ですか?
精油は植物成分を凝縮した大変濃度の高いものです。薬も過ぎれば毒になるというように、精油も香りや効能は素晴らしいですが濃すぎると肌荒れなどの原因になることがあります。そのため、キャリアオイルなどで薄めて使用するのが鉄則です。
また、天然100%のものに比べ、石油から作った化学合成の精油を肌につけるのは化学薬品の残留も心配ですよね。

スポンサードリンク



 

ラベンダーとティートリーは希釈しなくても大丈夫

天然100%のラベンダーは肌に直接つけても安全と言われています。それと同じように、ティートリーもまた大丈夫だとされています。しかしラベンダーに比べこのティートリーはまだまだ知名度の低い精油です。ですがこの精油も、ラベンダーとはまた違った、優れた作用を持っています。
今回はこのティートリーについてご紹介します。

 

 

ホーム&ボディケアにはこれ一本!ティートリーの使い方

ティートリーはフトモモ科の精油で、葉より抽出されます。原産国はオーストラリアで、同国では殺菌や消臭の作用が認められ、石鹸やシャンプー、うがい薬、消臭剤などに使用され市販されています。

 

消臭効果・殺菌効果に優れています

バクテリアや真菌類を減らす作用があるというティートリーは、ホーム&ボディケアの強い味方!
特にブーツやパンプスのインソールに垂らすと効果抜群。靴のイヤな臭いを抑えてくれます。
また拭き掃除をする時、雑巾にしみこませるといい香りと殺菌効果の両方が楽しめます。また、殺菌作用もあるため、アロマポット等でたけば風邪予防にも使えます。

 

筋肉痛や虫刺され、デリケートゾーンのかゆみにも

消炎作用があるので、ちょっと熱を持った筋肉や虫刺されに軽く塗ってあげるのもいいでしょう。
特に夏場の軽いかぶれやデリケートゾーンの痒みに、コットンやナプキンにしみこませて使うのがお勧めです。
爽やかな木の香りがして、気分もリフレッシュします。

ニキビケアにもオススメです。
指先にちょっとだけティートリーをつけて、軽く赤くなっている所につけます。
ニキビの原因、アクネ菌の繁殖を抑えてくれるでしょう。腫れすぎて化膿している部分にはかえって刺激になることがありますので、使わないようにしてください。

 

 

花粉症、鼻炎にも!

この消炎作用は、花粉症・鼻炎などのケアにも使えます。洗面器やマグカップに熱湯を張り、ティートリーを一滴垂らします。水面を覗き込むようにして香りを吸い込んでください。すーっとした木の香りが鼻孔にしみわたります。
最初はどばっと鼻水が出るかもしれませんが、出し切ったらスッキリと鼻通りが良くなります。

かぶれやニキビ、風邪予防・鼻炎からハウスキーピングまで。
幅広い使い方ができるティートリーをぜひ、おひとつ持ってみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
タグ:
この記事は当ブログのライター「瀬木やよい」が書きました。

Comments are closed.