> >

効果のある美白コスメの選び方:厚労省が認定する美白成分はコレ!



美白
 

透き通るような白い肌。というのはほとんどの女性の憧れではないでしょうか。シミのない白い肌というのはそれだけで若々しく見えますよね。といってもファンデーションを厚塗りして、お化けみたいに真っ白な肌は逆に老けて見えますが……。


スポンサードリンク



 
理想の白い肌を手に入れるために美白コスメを使用している人は多いと思いますが、美白コスメというのはできてしまったシミや色素沈着などを薄くするものではなく「これからできるシミを予防する」ものだと考えた方がいいです。シミというのは皮膚科などでケアをしてもなかなか時間のかかる厄介なものです。コスメでシミを薄くするということはできないのだと理解しておきましょう。「これからできるシミを予防する」というのはアンチエイジングの目線から見てもとても大切なことです。

 

美白コスメはどんなものを選んだら良い?

さて、美白コスメと一口にいってもコスメカウンターやドラッグストアでも様々な種類のものがあってどれを使えばいいのかわからない!と思う人も多いでしょう。とりあえずすすめられたものを買ってみたとか、雑誌に載っていたから買ってみたとか。なかなか自分で「この成分が入っているからこのコスメを選んだ。」という人は少ないのではないかと思います。市販されている美白コスメのなかには、すこーしだけビタミンCを配合しているだけで堂々と「高い美白効果!」と書かれているものもあるのでしっかりと選んでほしいと思います。

まず、美白コスメを使用するのならやはりライン使いをするのが理想的です。美白洗顔料などには弱いピーリング剤が入っていることもあるので、肌の敏感な人は注意しましょう。(サリチル酸とかグリコール酸・BHAなどと書いてあるものがピーリング剤です。) 基本の化粧水・美白美容液・クリームを毎日朝晩使用しましょう。美白は夏だけではなく年中するものです。
しかし美白コスメは保湿重視ではないので冬に使用すると乾燥するという人は、化粧水を保湿のものに変えてみると良いでしょう。それでも乾燥する場合は保湿重視のクリームをプラスします。

 

効果のある美白成分

次に効果のある美白成分についてご紹介いたします。

 
アルブチン。これはアルファアルブチンとベータアルブチンがあります。アルファアルブチンの方が美白効果が高いのでおススメです。

エラグ酸。これはガンを抑制する効果もあります。ハイドロキノンと似た働きを持ち、高い美白効果があると言われています。しかし今のところ高濃度のエラグ酸はコスメに配合できないようです。

ビタミンC誘導体。美白と言えばビタミンCですよね。高い効果を求めるのならただビタミンCと書かれたものよりも、誘導体と書かれたものを選びましょう。浸透力が違います。

プラセンタエキス。豚などの胎盤のエキスです。美白効果もありますしアンチエイジング効果も高いです。しかし効果の高いものはお値段もそれなりに高くなってしまいます。安価なコスメに「プラセンタ配合」と書いてあってもあまり期待はできないでしょう。

ルシノール。アルブチンよりも浸透性が良いと言われています。

リノール酸。肝斑に効くと言われています。

 
以上の成分は厚生労働省も「チロシナーゼ酵素を阻害する成分」と認定しています。チロシナーゼ酵素とは、メラノサイトでメラニン色素がつくられる際に働く酵素です。これを阻害するということは、シミを予防できるということなのです。
また、トラネキサム酸・カモミラETという成分も厚生労働省に認定されています。美白コスメを選ぶ際にはぜひ上記の成分に注目してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.